ニキビの赤みや痕を残さないようにする為にはケアが肝心

ニキビの赤みや痕

ニキビになると、肌に炎症が起きたり、ニキビ痕が残ってしまったりと、肌荒れが悪くなるので、回避したいですね。

目を引くニキビ痕が生じてしまうなど、ニキビの改善が上手くいかないといった人は、ニキビがなぜ出来るのかを把握することが重要です。

ニキビが出来る原因とケアはどうしたら良い?

毛穴は、油分や汗を排出して、体温設定や、お肌のバリアー機能の保っていますが、このような毛穴が油脂によってつまると、アクネ菌が多くなり易くなってくるのです。

毛穴がつまる白ニキビの段階をへて、炎症が生じて赤く変わる赤ニキビ、毛穴が黒ずむ黒ニキビと悪化していくというわけです。

最後には毛穴の中に膿がたまる膿ニキビになりますが、上手く手入れをしなくてはニキビ痕が残るので気をつけなければなりません。

ニキビのケア、NG行為とは?

ニキビをお手入れする際には、いじったりつぶしたりするのは当然ダメで、うるおいよりお肌のバリアー機能を強めるお手入れを心がけましょう。

美しい肌効果をアップさせ、ニキビが出来にくいようにするには、和食を中心とした身体に良い食生活が重要です。

強い紫外線に当たるとお肌の乾きが進行するので、UVカットケアや、日光の紫外線をさけた行為を心がけましょう。

ニキビがなくなった後も油断大敵!?

ニキビが無くなっても、ニキビ痕が赤いままというケースがありますので、とくに白い肌の人は注意しましょう。

この状態は、ニキビができたのちにお肌の内部で修正が終了すれば、いつの間にか赤みは無くなっていくものなのですが、お手入れしておけばひと安心です。

赤みがなくなっても、ニキビ痕がわかりやすい所にできる場合もあるため注意しましょう。

直ぐによくなるであろうと安易に考えずに、ニキビはきちんとケアをする方法で、ニキビの痕や赤みに悩まされることもなくなります。